お知らせ

ICN #NursesForPeace

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

国際看護師協会は2022年3月3日、#NursesForPeaceのタグのもと,ソーシャルメディアキャンペーンを開始しました。以下,ICNサイトをGoogle翻訳を用いて翻訳した内容を一部修正したものです(ニュアンスなどの確認は元サイトを参照ください)/編集部(2022年3月7日、翻訳の一部を修正しました)

#NursesForPeace 

ICNが#NursesForPeaceソーシャルメディアキャンペーンを開始

2022年3月3日

ICN、EFN、EFNNMAは、医療の保護と、戦争の終結を要求します

国際看護師協会(ICN)は昨日、ウクライナの危機について話し合うために看護グループを集めたヨーロッパの看護師リーダーによる特別なウェビナーを主催しました。数人のウクライナの看護師リーダーが彼女らの病院の地下室から会議に参加しました。世界中の看護師からの団結のメッセージの中で、参加者は、ウクライナの看護師と人々への連帯と支援を表明しました。

会議に続いて、ICN、欧州看護師協会(EFN)、および欧州国立看護助産協会フォーラム(EFNNMA)は、ロシアのウクライナ侵攻、医療サービスの中断、および医療施設と無実の民間人への攻撃を強く非難する共同声明を発表しました。ICN、EFN、EFNNMAは、即時停戦、すべての敵対行為の終結、そして平和を確保するための強化された外交交渉の開始を求めています。

“#NursesForPeace-ウクライナと看護の対応”と題されたこのウェビナーでは、ウクライナ、ハンガリー、モルドバ、ポーランド、ルーマニア、スロバキアの全国看護協会のリーダーと、ICN、EFN、EFNNMAのリーダーが集まり、情報を共有し、看護師や他の医療従事者を保護し、施設や備品を保護し、人道援助へのアクセスを確保するための行動を決定しました。

共同声明に加えて、ICNはウクライナの看護師と連帯して世界中の看護師に参加する#NursesforPeaceソーシャルメディアキャンペーンを開始しました(バナー、ソーシャルメディアタイル、その他のキャンペーンリソースはこちらからダウンロードできます。ICNは、キャンペーンサポーターが、タグ#NursesForPeaceを使用して、バナーを保持している自分の写真をソーシャルメディアに投稿することを推奨しています)。

ICNのPamela Cipriano会長は、次のように述べています。

「ICN、EFN、EFNNMAは、ウクライナでの敵対行為の終結と、この侵略を終わらせるための外交的解決策の協調的な推進を求める声に彼女らの声を加えます。世界の2800万人の看護師は、ウクライナの看護師と連帯し、すでに数知れない死者と数十万人の避難民をみる攻撃の終結を1つの声で要求します。これ以上の命が失われるべきではありません。#NursesForPeaceの下で、私たちはウクライナとその国境を接する国の両方で人道的努力を支援するために利用可能なあらゆる手段を引き続き用います。そこでは、看護師がいまふたたび中心的なリーダーシップの役割を果たします。私たちは、勇気あるウクライナの看護師と、一見不可能な状況で患者を保護し、世話をするための実用的な解決策を見つけようと努力している近隣諸国の看護師に多大な感謝の意を表しています。ウェビナーで聞いたその地からの話は、謙虚で畏敬の念を起こさせるものでした」。

ICNの最高経営責任者であるHoward Cattonは、ウクライナの看護師の信じられないほどの証言を事実と認め、「健康と平和は切り離せないものであり、グローバルな看護コミュニティとして、私たちの価値観は健康を促進し、ケアと思いやりを提供し、癒しを通して和解をもたらすことです。パンデミックはまだ私たちの背後にありませんが、世界中の人々はいまふたたび私たちの健康と人類を守るための揺るぎない勇気と看護師の力を目の当たりにしています。私たちは、ウクライナの看護師との連帯を示し、#NursesforPeaceを支援するようにすべての人に呼びかけます」。

看護師の発言

ICNと協力してウクライナの看護師と連絡を取り合っているウクライナの看護学校の元校長であるNataliya Lishchenko、電話で参加した彼女はウクライナの看護師の状況について話しました。彼女らの多くは患者の世話をするために働く病院に住んでいます。「私は、ウクライナの同僚が多くの心理社会的支援、感情的支援を必要としていることを知っています。ウクライナの看護師にとって、この状況は非常に困難で危険であり、トラウマ的ですが、彼女らはケアに取り組んでいます。彼女らが国際的な看護コミュニティの支援を受けていることを知ることは本当に重要であり、これらの信じられないほど困難な時期に彼らを維持するのに役立ちます」。

ウクライナ看護協会の会長であるTetyana Chernyshenkoが、キエフからウェビナーに参加しました。彼女は進行中の紛争について話し、多くの都市で火災が発生し、多くの民間人が負傷または殺害されたと述べました。「私たちの人々は地下鉄の駅に避難所を探しています。爆弾は居住地だけでなく病院も襲っています……赤ちゃんは地下鉄の避難所や病院の地下室のなかでさえ生まれたのです」。彼女は、多くのウクライナ難民を受け入れ、世話をしてくれた国境を接する国々に感謝しました。

キエフのシニアナースであるAneliyaは、病院に暮らすナースの一人です。「キエフでの攻撃が増加し、多数の負傷者に備えています。特に止血帯などの基本的な医薬品が不足しているのではないかと心配しています。また、民間人向けの応急処置トレーニングも提供していますが、のどから手が届くほどより多くの物資が必要です」。

ウクライナの看護師リーダーであるHalynaは、避難所や病院で夜を過ごしている全国の看護師からメッセージを受け取ったと述べました。「彼女らは子供たち,孫たちを近隣諸国に送っています。私はこの助けにとても感謝しています」。

テルノーピリの看護師リーダーであるSvitlanaは、看護師はすべて自分たちで行なったと話しました。テルノーピリはウクライナの西にあるため、状況はキエフやハリコフよりも穏やかです。「私たちは学生や他のボランティアがいる流通センターを持っており、ポーランドや他の国からサプライチェーンを受け取っています。受け取ったものはすべて、それを必要とする都市に配布しています」。

ウクライナの看護師は、止血帯、医薬品、抗生物質などの創傷ケア用品、使い捨てスクラブなどの医療用品と心理社会的支援を訴えました。ウクライナの看護師を支援するためにICN人道基金に寄付したい人は誰でもここでそうすることができます。

ウクライナの近隣諸国の全国看護協会の代表は、難民の状況と彼女らがウクライナへの物資の調達をどのように支援しているかについて話しました。スロバキア、ポーランド、ルーマニア、モルドバの看護指導者たちは、難民が国境に押し寄せるのを助けるために「連帯と個人からの支援の巨大なウェイヴ」について話しました。彼女らは、道路に数日後に到着する人々(主に女性と子供)の流入について説明しました:疲れていて、寒くて、空腹で、ショックを受けています。多くの看護師が難民を自宅に連れて行っていますが、看護師の指導者たちは、ウクライナに個別に物資を届けようとする危険性について警告し、支援したい人々に公式チャンネルの利用を勧めました。ICNの人道基金は、看護師がウクライナの看護師の同僚に経済的支援を提供する方法を提供します。

EFN会長のElizabeth Adamsは、会議の主催においてICNが優れたリーダーシップを発揮してくれたことに感謝し、次のように述べています。「私たちはみなさんが行っている素晴らしい仕事を知っており、可能な限りみなさんをサポートできる機会を探しています。いま、将来のより平和的な解決に向けて努力するために、みなさんの嘆願を聞いています。みなさんはEFNの完全なサポートを受けており、私たちは引き続きすべての同僚と協力してみなさんをサポートし続けます。国境を接する他の同僚たちが素晴らしい仕事をしてくれたことに心から感謝します」。

EFNNMAの副社長であるMervi Jokinenも、ウクライナのすべての看護師と助産師を支援する連帯を表明しました。彼女は協力することの重要性を強調しました。「私たちは統一戦線を持つべきです。私たちは自分たちの組織に影響力を持ち、健康危機管理の国際機関の専門家と協力することができます」。

ICNは、自国からの脱出を余儀なくされた人々を含むウクライナの人々を支援するために、この地域の全国看護協会と協力し続けます。

ウクライナの看護師と人々への支援を示すために、ここでICN-EFN-EFNNMAの共同声明に署名し、ここで寄付し、ソーシャルメディアキャンペーン#NursesForPeaceに参加してください。

あなたは何ができますか?
サイン
ICN-EFN-EFNNMA共同声明
ダウンロード
#NursesForPeaceの画像を表示し、ソーシャルメディアで共有してサポートを示します
寄付
ICN人道基金へ

こちらからプレスリリースをダウンロード(以上,元サイトをアクセスください)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

  1. 伊藤 絹江 より:

    私は訪問看護師として、地域で暮らす高齢者や障がい者などの命と健康を守っていますが、戦争は一瞬にして命と健康を奪い、祖国も破壊します。
    私は医療関係者として、ロシアのウクライナへの侵略を許さず、即刻撤退することを強く願い、平和を願う市民と連帯します。

コメントを残す

*